豊富な発毛促進剤から自分自身にあうひとつを探すことの難しさ

40代になるまであれこれ増毛剤にチャレンジし続けてきた。30歳になる前から発毛剤を使用し始めたり、比較的早い段階から発毛についての労力を惜しまなかったと思います。そのため発毛商品の中には多種多様なタイプがあることと各々の効力の違いが実感できた。

ジヒロテストステロンを抑えるタイプの発毛剤というのも見つけました。己が男性ホルモンが盛んな方なのかに関しては謎だけど、長い間薄毛に困ってる人の中には男性ホルモンの崩れが原因でハゲになっちゃったパターンも多く存在するようなのです。

数多くの増毛剤があって、どれもこれも使いたくなるかもしれないが、急いで毛を増やしたいならば、どんな理由で薄毛となっているのか?知っていることが大事だ。自分にあった育毛剤を使用した早期育毛ケアによって毛髪がふさふさになってくれれば素敵ではなかろうか!

で、結局行き着いた先は人工毛で髪を増やすことだった。アデランス、マープ、スヴェンソンなどの増毛法でだ。薄毛ケアにはどの方法が最善なのかを考えると、シャンプー、育毛トニック等効能を謳う物が商品化され、戸惑うのも当たり前。まして育毛クリニックなどというさらなる選択肢も考えられる。

 

一様に効きそうな一方で、これをやりさえすれば育毛につながると言い切れる手法がわからなくて戸惑っています。気をつけて洗っていても、毛穴の中に余分な皮脂が取りきれないままでは無駄な行為です。毛穴に意識を持って地肌用ブラシで洗浄してみました。予想よりはるかに老廃物を取り除くことができて、血の流れを良くすることにも効果的です。

気持ち良い指圧を受けているようで癒しになるアイテムです。頭皮のコンディションを日々点検しておくのはとても大事なことなんだと身にしみて感じています。頭が薄くなったと感じるのは、抜け毛が激増してからなので、回復不能となると悲惨です。地肌年齢相応のケアを継続することが大切であるとわかりました。

なにわともあれ、頭皮の状態が健康的かそうでないかというのが育毛のためのファーストステップだと思う。